>  > 職業病なのかもしれないですが…

職業病なのかもしれないですが…

職業病でしょうね。自分は相当細かいんです。研究職だからわずかなミスも許されない環境にいるので、日常生活の中でも些細な事でも気になってしまうんです。そんな性格は嫌だなって思うんですけど、ただ風俗の時だけはそういったことをあまり考えないようにして楽しんでいます。可愛いかったり綺麗な女の子との時間なのに、細かいことを言って相手の気持ちを逆なでしたり興醒めさせてしまっても意味はありません。いくら風俗だからって、女の子にだってモチベーションってものがあるんです。モチベーションが低かったらこちらへのアクションだってキレが悪くなってしまうじゃないですか。仕事はなんだってモチベーションが大切なんです。だからそのモチベーションを損ねないようにするのもまた、男としての役割の一つなんじゃないかなって思いますよね。それにこう言った理屈抜きに、普通に楽しめるのが風俗の良さなんじゃないかなとも思うので毎回がっつりと楽しませてもらっています。

オナクラに行ってきたんですけど…

オナクラに行ってきたんです。手軽に楽しめる風俗ということで行ってきたんですけど、手軽ではあるものの、快感に関しては想像以上というか、不思議な気持ちにさせられました。目の前に女の子が現れて、彼女に見せつけるかのようにオナニー。それだけなんです。それ以外はオプション。選択すれば触ったり手コキくらいはあったんですけど、今回はとりあえずオーソドックスに楽しんでみようかなと。それでオーソドックスに楽しんでみたんですけど、これが想像以上に凄かったんです。快感というか自分の心情面です。冷静に考えたら女の子に見られながらオナニーするなんてことそのものが有り得ないじゃないですか。しかも女の子は裸ではないんです。だから変態行為をしているかのような気持ちに錯覚させられました。しかもオナクラ、かなりレベルの高い女の子が揃っていましたね。これまでにはないタイプの風俗ということで、今後もたまにはお世話になってみようかなと。

[ 2016-12-15 ]

カテゴリ: 風俗体験談